« 悪人は最後まで悪人らしくしないっとね~♪ | トップページ | 神様、僕たちはなんて無力なんだ »

2012年12月27日 (木)

サイトー!そいつをよこせぇー!そう、そのかわいいの・・・

044

タチコマイエロー/メタルフィニッシュバージョン;WAVE
連れ合いはサイトー
サイトーフィギュアがみられる貴重な一品
コレクターとしてはメタルフィニッシュには興味ないが、サイトーを手に入れる唯一のチャンスゆえ買い。しかしボーマを手に入れるためにメタルフィニッシュタチシルバーを買う気にはなれなんだ。

******


早速本日の攻殻台詞です。




「サイトー!そいつをよこせぇー!!」





#21置き去りの軌跡ERASERから素子さんの台詞です。




#21から、一気に陰謀が明るみに出て事態はドラマチックに展開していきます。
表題のERASERはご存知”消しゴム”のことです。
マイクロマシン療法推進とそれによる利益追求のために村井ワクチンを不認可にして、役に立たない治療で市民から金を巻き上げた、という厚生省の大掛かりな詐欺行為、村井ワクチンを不認可にしておきながら自身はワクチンを使用して電脳硬化症の治療をしている今来栖の嫉妬心、そして、自身の姿を決して見せないアオイの電脳ハッキング。
これらすべての”消去”がテーマなわけですね。


物語の中心は陰謀の暴露と消去ですが、そこに面白みを与えるのが電脳戦以外の9課のもう一つの得意技、荒事です。
トグサを殺されかけてキレた9課は一部を(バトーを)除いて表面は冷静に速やかに事件の真相に近づきます。
そして事件の鍵を握る今来栖を確保するに至るのですが、三国一の大悪党、われらの安岡ゲイルさんに阻まれます。


ゲイルさん、9課相手だからって、例のマリーンの流線型に乗ってきた。
ガスガスぶっ飛ばす。素子の頭もゲシゲシ踏み潰す。
本当に悪党だ、なんて楽しそうなんだ、あんた。


で、素子はとっさに知覚をオフにして義体がアームスーツの攻撃に曝されてもダメージが少なく済むようにした。
この辺もプロの電脳遣いのわざ。
随所に電脳戦、体術&重火器の近接戦混ぜ込んでくこのエピソードは秀逸です。





・・・・・・それだけで終わればシリアスでクールなお話で終わったのですが





「サイトー、そいつをよこせぇー!!」





はい、ここで素子さんブチキレました。
自分の頭を潰そうとした安岡ゲイルさんにではなく、青臭い正義感だけで巨悪に立ち向った愛すべき後輩トグサを穴だらけに嬲ってくれたマトリの連中にです。
素子さんは、指揮官でもあるから熱くなるわけにはいかなかった。
けれどもずっと腹を立てていたんですよ。
かっかしやすいバトーをたしなめる役でもあるから、先にバトーがキレたら、彼女が怒るわけにはいかなくなるのね。
おい、バトー、先に怒ったらだめだろ。その辺、察してやれ。


このように、素子さんは非常に情に厚い。
SACの素子さんは、そういう設定なのだ。
そいつをよこせぇー!の後は、ゲイルをアームスーツごとバズーカ?で接射、連射してゲイルを潰そうとしている。
頭に一発お見舞いして早く死なせてやる気はさらさらない。
元より、それじゃ情報とれなくなるからね。
頭も身体も吹き飛ばしてやりたかったんだろう、と思うが、彼女はサディスティックな「圧死」を選んでゲイルを攻撃した。
一発ずつお見舞いするごとに、少しずつ気が晴れてきたはず。
それから冷静になった彼女は必要な厚生省の情報を手に入れることができたわけだ。
クールを装うホットな女の台詞、さて、いかがしよう?




使用例:「サイトー!そいつをよこせぇー!」
と、腹が減ったときに身近にいる人間から食料を奪う。


使用例2:「サイトー!そいつをよこせぇー!」
と、いいネタあげてくれた人に元ネタとかソースとか画像をねだる。



ま、そんな感じで













蛇足

イシカワさんのこの台詞


「ビッグブラザーのおでましだ」


「環衛星傍受網使っちゃうぞ☆」
「エシュロン、きた~ぁぁぁっっ!!」
と同義かと思います。
特定ワードが通信に引っかかったら、それを傍受して位置特定に使ったり、通信のやり取りを横から盗み見ることができるという優れものです。すごいですね、こわいですね。
でも、対象が”今来栖”というレアな苗字だったからよかったけど、
”佐藤”だったらどうするんだ?
デコイだらけでオペレーターが発狂するんじゃなかろうか。
がぶさんはオペ子さんの身が心配です。


蛇足2
イシカワさんは副業でパチンコ店経営しています。
エシュロンからくる膨大なデータの処理に、パチンコ店に来ているじいさんたちの電脳をつかって容量不足を補っているのですが、最初からそれ(バックアップ)が目当てだったらしい。

「ワシの体が目当てだったのじゃなっ!」

じいさんたちの魂の声がきこえる。
しかし、誰か一人くらい自分の脳に入ったおかしな情報の渦にきづくものはいないのか?熱中してると気づかないのか。
パチンコって恐ろしいものだな。

|

« 悪人は最後まで悪人らしくしないっとね~♪ | トップページ | 神様、僕たちはなんて無力なんだ »

コメント


ビッグブラザーはオーウェルの「1984」に登場する全人類盗聴システムのこと。ご存知かもしれないが。

投稿: isotank | 2013年8月28日 (水) 22時38分

isotankさま

はじめまして、がぶです。
コメントありがとうございました。

>ビッグブラザーはオーウェルの「1984」に登場する全人類盗聴システムのこと。

あ、そうなんですね。
すいません、私全く存じませんでした。<無教養

いそいそとネット検索してみますと・・・
1949年に世にでたオーウェルの近未来小説「1984」
双方向テレビジョンという方法で国民の活動を逐一監視している国家「オセアニア」で歴史改ざん作業を行っていた青年が疑問を抱き行動し、再洗脳される、という概要。
オセアニアの指導者は”ビッグブラザー”と呼ばれ街路ポスターの容姿スターリンに似ている、と。

読んでないので推察ですが
このビッグブラザーなる指導者とされている存在が実は傍聴システムそのものである、ということなのでしょうか。
アルファヴィルにちょっと似てますね。

#21における”ビッグブラザー”はイシカワと素子の会話からエシュロンのことかな、と思いますが、この仇名の由来がオーウェルの作品なのですね。
もしくは攻殻機動隊における米帝の環衛星傍受網がオーウェルの作品からビッグブラザーと名づけられている、ということかも。
情報ありがとうございました♪

Nシステムは「リトルブラザー」とは呼ばれて・・・ないですか。

投稿: がぶ | 2013年8月29日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイトー!そいつをよこせぇー!そう、そのかわいいの・・・:

« 悪人は最後まで悪人らしくしないっとね~♪ | トップページ | 神様、僕たちはなんて無力なんだ »