« 聖霊も精霊もスピリット | トップページ | 白兵ってどのへんが白いのだろう? »

2012年10月17日 (水)

なんでもひっぱってくればいいというものではない

Tachikomansjpg

左から
ワンフェス販売;タチコマ光学迷彩
メガハウス第2弾;タチコマグレネード
メガハウス第2弾;タチコマバルカン(シークレット)
メガハウス第2弾;タチコマブラック(シークレット)
タチコマファイル附属タチコマ

集合写真があった。
このこたちより、タチコマコレクションのほうが似てます。

「イノセンスと聖書」を考える会の2時限目始めます。




その思念の数はいかに多きかな、我これを算えんとすれどもその数は沙よりも多し




詩篇の139であることは、バトーが言ってますので間違いありません。
ここでいう「その思念」は神の御思いということです。
この言葉の前に
「神よ汝のもろもろの御思いはわれに貴きこといかばかりか」
があり、
「我目覚むるときも、なお汝と共に居る」
と続きます。




神様、あなたの計らいは私にとってなんと貴いことか、それはいかに数多いことか
数えようとしても砂の数より多く、その果てを極めたと思っても私はなお、あなたの中にいます。




この台詞が使われた状況は、トグサが択捉へバトーとともに飛び、択捉の高層ビル群を眺めていうのです。
”巨大な卒塔婆のような”という表現が絵コンテ集にも日経キャラクターズにも掲載されています。
そしてバトーも「かつて極東最大の情報集約型都市として建設され、栄華を極めた択捉経済特区・・・その成れの果てがこの巨大な卒塔婆の群れだ」という。
犯罪組織の巣窟に成り下がった、ということを「墓標」と表現しております。


そして、「都市は巨大な外部記憶装置の一つ」という都市=遺伝子の表現型の一つ論がでたところでトグサが上記の詩篇を引用するわけです。
人の業と神の計らいを一緒にするのはおかしな使い方です。
I.Gさん、監督はどういうつもりだったのでしょう?


多様性を維持したり変異も含めた遺伝子のなせる業を神の計らいに含めるのは、がぶさんは賛成できないかな~。
そうすると、ミームやオリジナル・媒介者・模倣者のラインも全て神の工場に乗っかって生産されたことになるものな~
ハダリに魂を載せてセクサロイドを作ったのも神の計らいにはならないだろうよ。
何をしても構わないと思われ、虐げられる存在をつくる計らいならいらないわ。
なんでも神様のせいにしちゃだめさね。





というわけで、これは引用の仕方を間違っていると思います。
卒塔婆の群れの部分、数の多さ
それの数だけある人の記憶
その成れの果て、夢の残骸のなんと多いことか
そういう使い方を意図したと思います。


なんでも引用すればいいってもんじゃない、1例

|

« 聖霊も精霊もスピリット | トップページ | 白兵ってどのへんが白いのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでもひっぱってくればいいというものではない:

« 聖霊も精霊もスピリット | トップページ | 白兵ってどのへんが白いのだろう? »