« 新しいお友達が増えました | トップページ | stand alone complexには潮の香りがする »

2006年5月20日 (土)

stand aloneとライ麦と

Batoufuchikomasoftjpg_2


カスタムバトー&フチコマof Solid Box

バトー衣装;in the past Toy
WWII GERMAN Real Leather Uniform Set B



先週アップした本館表紙の色違いであります。
フチコマはSoli box付属品で銀、赤、黒があります。
ちびっこいのが魅力の逸品ですが、なにせ単品では出品されにくいため全種そろえるには努力が必要です。
ええ、財力という努力無にはコンプリートは難しいでありましょう。

******

みなさま、お久しぶりです。
いまいち調子の上がらない今週でした。
ピップの力も及びません。

さて、表題のとおり今回はライ麦とStand Aloneを少々考察。
というか私見の羅列。

(先日課長様のブログでコメントした内容なのですが、若干訂正を加えてみました)

Stand alone Complexを語る上でまず解決しなければいけない問題が一つあります。

「Stand Aloneってなんぞや?」

普通に考えると「回線の繋がっていない端末」のことをいう。
攻殻だけで使われている言葉ではありません。
しかし、ただ状態だけを説明したものでもなくて、いくつかの意味を持っていると思ってもいいのかと。
なんせ攻殻ですからね。裏の意味、多重構造くらい存在して当たりまえ。


そこで、いくつか考えうるStand aloneの意味をあげてみました。

①安全だと思っている空間で自閉する「孤立」
②誰とも繋がらない「独立」
③ブッダのいう”孤独に歩め”と意味を同じくする「自立」



攻殻においてこの3つがありえます。
さて、どれだ?





世の中に不満があるなら自分を変えろ・・・それも嫌なら目を閉じ耳を塞ぎ孤独に暮らせ、といった素子さんのあの台詞。
これの孤独は状況からして①の意味で使われています。
自分を変えられないなら誰からも知られずに誰とも関わらない世界に行け
つまり、「死んだふりしていなさい」です。
ですから、あのあとで”それが嫌なら・・・”が続きます。

「本当にこの世とおさらばする?」

多分そんな意味で・・・・・・なわけです。
素子にとっては自己主張ばかり強くて自分の短い尺度に世界を合わせようとする輩に腹が立ったのだとも思います。
何も見えていないくせに、見ようともしないくせに
見えているふりをしているなら、いっそ見ないほうがいいんじゃない?・・・みたいな、ね。

彼女にとっては「誰も知らないところにいけたら目を閉じ耳を塞ぎ口を噤んだ人間になる」ことは「死」を意味していると考えます。
「孤独に暮らせ」は①孤独のstand aloneですが誰にも影響されず何にも影響しない、ということを示し到底complexなんてつくれません。
ついでにいうと素子さんのような人は明らかに③自立のstand aloneなので、これはcomplexつくることはないでしょう。


ということで、②のかかわりを持たない独立したstand aloneの集合体がSACでよろしいかと思います。




では、complexをつくる誘引はなんなのでしょう?
「アレに感化された!」という逸話で有名なのは「ライ麦畑で捕まえて」でしょうか



ジョン・レノン暗殺犯が持っていた、というので有名ですが、青年の潔癖な正義感と挫折が描かれている本のどこに殺人の動機があるというのでしょう。
嘘にまみれた大人になったホールデン少年が「本当は嘘の中の掬い取る人になりたかったんだ」と語るくだり?
どこにメッセージがあったのかわからない、ってことは同じ感性を持っていないということなのかもしれません。


価値観が同じだと蒔かれた種が同じように芽吹いてしまうのかもしれません。
しかし、芽吹くか否かは土壌によるわけで、素子さんのように自立していれば、安易にcomplexにはいることはないんじゃなかろうか、と犬は思います。




結論



SACとは、あるメッセージを受け取った後に行動を起こすstand aloneの塊である。
ここにおけるstand aloneは孤独や自立のstand aloneは示さず、関連をもたない独立個体を示す。





蛇足;

「あなたにはこの世界の全てがインチキに見えているんでしょうね」

素子がアオイに向けて言った台詞ですが、ここにアオイと素子の魂の成熟度の差があります。
素子さんは明らかに自立したほうのstand aloneなので、同じ義憤を感じていても短慮せず行動をコントロールできる。
アオイはメッセージを受け取りやすい若い未熟な魂であるために、無垢な媒介者=義憤に駆られた彼の行動がstand alone complexの種となった=になりました。
世界はインチキばかりではない、というのが彼女の反論。
実験まがいに義体化され親の庇護のない世界で戦い生延びたかつての少女がそういうのだから、そうなんですよ、アオイくん。

|

« 新しいお友達が増えました | トップページ | stand alone complexには潮の香りがする »

コメント

うほ!バトゥさん渋!!ん、なんか抱えてる。

(∴)「・・・」

(;-=)「・・・」

∑(;∴)「あ、僕か!!」

ガブ様!出来る事ならそのプリチィな銀色のチッサイのの写真をコッソリ熱望!是非是非是非!もう、ドーパミンがドーバドバ。

ピップじゃ、だめでしたかぁ~。どうでしょう?ここらでマッサージでも!?いいらしいですよ~まだ、デビューしてないですけどアッシは。では、またぁノシ
オツカレ様です

投稿: チェシャ猫 | 2006年5月21日 (日) 01時23分

ちっさいの、ですね。了解です!
もうじきUPいたします。

マッサージはですね、揉み返しがくる体質でして。
それを知っているにのですが辛くなるとどうしても行ってしまう。
そしてまた痛くする。


・・・アホですわ。

投稿: がぶ | 2006年5月21日 (日) 12時01分

Stand aloneですか、この作品の根底ですものねぇ。
色々と考えてしまいますね。

私もがぶ様とやり取りする前までは、まさしくStand aloneでもくもくとヘッドを作り続けていました。
でもそれだと、ある一定まで行くと先がないんですよね。
考えが固まってしまうと言うか。

それが、こうして色々な方に見ていただくようになってからは制作意欲がわいたり、製作への考え方が変化してきたりしています。

人と繋がると言うことは面白いですねぇ。

投稿: ひげなし | 2006年5月21日 (日) 13時30分

ひげなしさま

制作意欲がわくとのこと、心強いお言葉です。
二代目バトーも楽しみにしています。

私は金、土と休んでようやく回路が繋がってきました。

「がぶ、大地に立つ」

って感じですかね。

投稿: がぶ | 2006年5月21日 (日) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stand aloneとライ麦と:

« 新しいお友達が増えました | トップページ | stand alone complexには潮の香りがする »