« りんごをかじると血が出ませんか? | トップページ | 疑惑の林檎 »

2006年1月30日 (月)

ロバが旅に出たって馬になって帰ってくるわけじゃねぇ

batoukyuudouposter

元ネタにソフトフォーカス×3+鮮度up+球体の合成で出来上がりです。

バトーに"もののふ”の黒弓を持たせました。
全然大きさがあってません。
あんなに小さい弓じゃ、3mも飛びません。
だいたいが、矢が腕より短いんで番えることすらできないのであります。
もしあつらえるのならバトーの身長よりも大きくする必要がありますね。
(弓は固定の大きさで、通常2m30cmくらいあります)
一般に強弓ってのはしなりの強さなので、大きさじゃあありません。


肌脱ぎは5段以上で行います。(女はたすきがけ、のはず)
バトーは素人ですが、趣味で脱がせました。
男はおっぱいないんで胸当てしないんですけど、このおっさんの場合乳に当たって痛そうです。




・・・・・・





今日は組織のNo2と語らいました。
本館の日記にたびたび登場していたのですが、ブログにしてから日記を消去したので改めて紹介いたしましょう。



彼はI氏
通称いーちゃん。



もう50は越えてるはずでありますが、なかなかの情報通であります。
ワインに造詣が深く、クラッシックをこよなく愛する文化的な紳士であります。


そして、そんな彼の自宅には巨大な鉄製のモニュメントがあり
昔は「1楽章ほどピアノを弾いてから出勤する」
という過去を持っています。



なかなかのおハイソぶりです。


彼とは共通の話題が多く、年がこれだけ離れているのになぜか見ている映画がいっしょとか、彼の知ってる音楽は私も大概知っているとか、
世代を越えて会話の成立するとても素敵なおじ様なのであります。


いつも彼のうんちくに耳を傾ける私は、その瞬間だけハイソになれます。


・・・ええ、気のせいですがね


うちは先祖伝来の労働者階級ですから
所詮は、夢幻のごとくなり、ですよ



さて、今日彼からもたらされた情報はいくつもあるのですが長くなるので小ネタだけ




「ロバパン」




って、知ってますかね


パン屋さんですが、アレの由来は昔ロバに引かせてパンを売っていたことから始まったそうです。
し・か・し



そのロバ。



本当はロバじゃなくて、ポニーだったらしいです。



「だからなんなんだ?」



ええ、わかってます.あまりの小ネタぶりを自覚してます。
大体が、ロバパンを知らない人がいたらどう思うでしょう。

知らない人はロバパンのホームページへ




でもさ、



ロバパンじゃなくてポニーパンだったなんてさ
馬車だったんだけど、小さい馬だったからロバってことにしたなんてさ
ロバさんのレコードまで出しておいて
そりゃないぜ、ロバパン!!


・・・別に怒ってませんがね


追記;21:26重大事項発見
ロバパンでリヤカーを引いていたのはロバでもポニーでもなかった


木曽馬だった!!!


軽く調べたら出てきました。
やはり情報は二重三重の裏を取らねばいけませんな。
体型は胴長短足でとてもかわいらしいです。
でも、まちがいなく「馬」です。

・・・いーちゃんの嘘つき






ちなみに



ロバネタはもう少しあって


荷物を引かせるのにロバが多いのは、彼らが異常に丈夫だからだそうです。
(I氏談)
少なく食べ、誰よりも遠くへ歩み、そしてなかなか死なない



・・・まるで「ジパング」で評された旧日本兵のようであります。



おそるべしロバ



そして、彼らはその丈夫さゆえに戦時下で搬送用に使われる計画があったそうですが、ものすごい欠点ゆえにロバ計画は破綻したのだそうです。



泣き声がうるさい


あまりにでかい声で、しょっちゅう鳴くために声帯切除手術までしてロバ計画を進めようとしたのだそうですが、どうみても無理があったようで計画は頓挫したのだそうです。
そして結局軍馬が選ばれたのだそうです。
軍務中に泣いてもらっちゃ困るというのはよーく理解できます。



ロバ



決して劣った生き物じゃあありません。
適不適、というものがあるだけです。


だから、馬になって帰ってくる必要なんかないのです。

|

« りんごをかじると血が出ませんか? | トップページ | 疑惑の林檎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバが旅に出たって馬になって帰ってくるわけじゃねぇ:

« りんごをかじると血が出ませんか? | トップページ | 疑惑の林檎 »